しんいち社長のアメリカンライフ!

不動産会社の代表取締役社長です。ロックバンドでメジャーデビューをしその後、ボストンへ留学。自身の留学経験談や趣味の旅行を主に記事にしています。

留学前にやるべき3つの事!

スポンサーリンク

f:id:shinichi-boston:20190422200241j:plain

 

 

 

 

留学が決まったらやるべき3つの事を紹介します!

 

 

 

 

留学を成功させるには留学中の努力は勿論なのですが、留学前の努力が鍵を握っています。

 

海外に身を置けば勝手に英語が話せるようになるなんて事はありません!

なので日本にいる間からしっかりと準備をする事も非常に大切です。

 

 

 

 

 

 

-リスニングの強化- 

 

日本人にとってリスニングが一番の難関です。

とにかく最初は英語のスピードとリズムに慣れる事に苦労すると思います。

いえ、苦労します!!!

なので留学前にある程度英語に耳を慣らしておくと良いスタートが切れます。

好きな海外ドラマを何度も字幕ありと字幕なしで観てセリフを全て覚える位になれば完璧です。

海外ドラマの英語を聞くのが難しいという人は英語教材のCDをただ聞くというのでいいと思います。

YouTubeでも色々な人がリスニング用のビデオをアップしているのでそれを使うのも効果的だと思います。

 

文法は中学校までの英語学習で学んだ事を理解出来ていれば一先ずOKです。

 

留学前はとにかくリスニングです!!!

 

 

 -クレジットカード- 

 

留学前には必ずクレジットカードを作りましょう!

クレジットカードが無いと生きて行くのが難しくなります。

キャッシュを受け付けていない場所も沢山あります。

 

最近では日本もキャッシュレス化が進んでいるので沢山の人が既にクレジットカードを持っているとは思いますが、現金主義の人が多い日本ならではまだクレジットカードを持った事が無いという人もいます。

クレジットカードを使うと借金をした気分になるそうです。。。

 

海外ではほぼキャッシュレス化しています。

現金を持ち歩く人は少ないです。

 

万が一カードが盗まれても保証されますが、現金だと保証はされません。

そう行った理由からもクレジットカードが主流です。

 

僕はアメリカで生活していますが、現金は月に数回しか使いません。

5ドルをお守り代わりに持ち歩いているのみです。

 

ちなみにデビットカードでも殆ど問題無いのですが、デポジットを求められた時に不便をする場合もあるのでクレジットカードを一枚は持っておくと便利です。

 

 

 -文化やマナーを知る- 

 

日本と海外の文化やマナーは当然ながら違います。

日本では普通の事が海外では無礼になってしまう事もあります。

”郷に入れば郷に従え”

この言葉通り住む国や地域の文化やマナーを尊重するのは大切な事です。

それを学ぶのも留学の一つです。

インターネットで検索をすればその国の文化やマナーを知る事が出来ます。

留学前には必ず調べておきましょう!

 

日本では普通でもアメリカでは無礼になる例を幾つか紹介しておきます。

・年齢、政治、結婚、宗教に関する質問を初対面でする。

・ホームパティーで集合時間より早く行く。

・チップをコインで払う。

・見た目に関する事を話す。

・愛想笑い。

 

 

 

 

この3つを準備しておけば留学の良いスタートを切れる事は間違いありません!

 

是非実践してみて下さい!!!